ニキビ 悩み

MENU

お悩みニキビからの大人になった私

誰にだってあるお肌のお悩みはありますよね。

 

 

その中でも若い人達を悩ませてるのが「ニキビ」なのは今も変わりません。

 

 

最近では昔と違ってニキビを予防する洗顔料や洗顔用品も大分増え、ニキビ対策も幅広くなってきました。

 

 

食事に関しても和食中心だった昔と比べて、ハンバーガーやフライドポテト、コーラ・ステーキなど欧米化が進んでいる今、ニキビの敵とも言える原因が増えているのも事実です。

 

私もその中の一人でした。

 

 

私がニキビに悩むようになったのは小学五年生からで、その当時の私の食事は肉中心の食生活でした。

 

 

それに付け加え、毎日のおやつはポテトチップに板チョコレート。

 

 

飲み物はコーラかファンタのお肌には悪い生活の日々でした。

 

 

自分では悪いと分かっていながらも、好きな食べ物や飲み物を前にするとつい手が出てしまう現実。

 

 

もちろん毎日の洗顔や歯磨きは欠かさずやっていましたが、当時はまだ子供とあってあまりニキビの大変さや辛さを分かっていませんでした。

 

 

そんな私の意識を変えたのは、中学校に上がる前の親戚からの指摘がきっかけでした。

 

 

「若いうちはまだ良いかもしれないけど、誰でも常に美しくなければならない。普段もそうだけど、見た目に気を使わない人は周りから嫌われるよ」

 

 

その時の私は慣れない環境にやっていけるか不安の連続で、どうしたら良いか悩んでる最中でした。

 

 

しかしその話しを聞いてこれではいけないと思い、悪循環となっていた食生活を見直す事にしました。

 

 

まず定番となっていたポテトチップと板チョコなど肌に悪いおやつは止め、代わりにドライフルーツやマンゴーなど良いものだけを摂るようにしました。

 

 

食事も肉中心だったものを野菜や魚をバランス良く摂るようにして、苦手を克服していきました。

 

 

ニキビという肌トラブルだけで人に嫌われたくない意地が働き、普段の洗顔も時間をかけて顔を洗うようにしました。

 

 

おかげで顔に多く出来てたニキビもなくなり、不安だった中学校生活も楽しく過ごす事が出来ました。

 

 

この生活は高校・大学でも続け、楽しい学生生活を送る事ができて良かったなと思います。

 

 

あのとき誰かが教えてくれなかったら私は今もジャンクフードだらけの生活を続けていたでしょうし、後悔していた事でしょう。

 

 

しかし身近な家族や友人・親戚が指摘してくれるだけでもありがたい事なんだなと今となっては、日々感謝してます。

 

 

皆さんもニキビ一つで後悔する事がないよう今一度、普段の生活を見直されてはどうでしょう?

 

 

人は周りから良く見られるだけで、気分も違って来ますよ。

 

ぜひ試してみてください。